マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【驚愕】新築マンション・モデルルームに仕組まれた巧妙な罠を徹底解説!

【驚愕】新築マンション・モデルルームに仕組まれた巧妙な罠を徹底解説!

新築マンションを購入しようと思った場合、まずはモデルルームに行ってみる人が多いのではないでしょうか。既に完成済みのマンションであれば現物のショールームを見に行けばよいのですが、新築マンションの場合まだ完成していない段階から売りに出すことが多いので見学用の「モデルルーム」をマンションディベロッパーは販売のために作るのです。

モデルルームにはプロの技がいっぱい

この新築マンションのモデルルームは曲者です。ほとんどの方がモデルルームにいくとテンションが上がってしまうほど、造りが素晴らしいからです。モデルルーム作りは不動産業者の腕の見せ所で、何千万、時には何億というお金をかけてモデルルームを作成します。

引っ越し前の家のようにがらんどうになっているわけではなく、家具や照明も配置して「今すぐにでも住めるような状態」にしてモデルルームを公開するのです。そしてその家具や照明はプロが完璧な配置、コーディネートをしていますから「どんな人でも」テンションがあがってしまうのです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

モデルルームの魅力は幻想かもしれません

しかし新築マンションのモデルルームには、注意が必要な点が2点あります。

マンションのモデルルームはオプションがフル装備

1点目の注意点としては、新築マンションのモデルルームは「オプション」がフル装備だということです。照明やキッチン周りからはじまり、マンション設備がどれもフルに装備されているため、モデルルーム通りの住まいを作ろうとすると、パンフレットに掲載されている値段より遥かに高い値段になってしまいます。モデルルームでテンションが上がったまま購入してみたものの、いざ購入してみたらモデルルームとイメージが全然違った、ということがありえるのです。

マンションのモデルルームは家具が小さい

2点目の注意点としては、新築マンションのモデルルームは家具が小さく作られているという事です。部屋の広さを、実際の広さよりも大きく見せるために、あえてコンパクトな家具を配置してあるのです。もちろん、コンパクトとはいえども最高級の家具を使っていますので、見た目は抜群です。モデルルームをみて「これなら、今の家の家具も入りそうだな」と思っても、実際には家具が入らないなんていうケースもありえます。モデルルームに行った際には部屋の寸法が記載された図面を必ずもらい、家の家具の大きさと照らし合わせるようにすることが必要です。

まとめ

新築マンションのモデルルームは、いわばテーマパークのようなものです。全てがキラキラ輝いており、夢があふれています。モデルルームにいくと、ついついテンションが上がり、気が大きくなってしまうのはしょうがないことなのかもしれません。

大切なのは、冷静に判断をすることです。絶対にモデルルームで購入の申込書を書かないでください。少なくても5軒以上の新築マンションモデルルームと、5軒以上の中古マンションを見てみて下さい。数多くのマンションを見ることで「そのマンションが素晴らしいのか」「実はどのマンションにも備わっている事なのか」が分かるようになります。場数を踏み、冷静な判断で住宅購入をするのが秘訣です。

photo credit: photopin cc

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top