マンションジャーナル

マンションジャーナル

シングル・DINKS向けのマンションは買っても大丈夫?

マンションジャーナル最新記事

More
シングル・DINKS向けのマンションは買っても大丈夫?

最近では、シングル・DINKS向けのマンションが多数売りに出ています。

シングル・DINKS向けのマンションの特徴

シングル向けとしては、働く単身女性に狙いを絞ったマンションなども人気です。DINKSとは「Double Income No KidS」の略で、夫婦共働きで子供がいない世帯のことをいいます。昔はマンションを購入する人はファミリーが多かったのですが、最近ではこの「単身者」「夫婦共働き世代」向けのマンションが数多く販売されているのです。シングル・DINKS向けのマンションは30〜40平米程度の広さであることが特徴です。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

シングル・DINKS向けのマンションの注意点

こういったシングル・DINKS向けのマンションを購入する場合、将来のライフプランについて良く検討することが重要です。基本的にシングル・DINKS向けのマンションを購入した場合、そのマンションに住み続けることが望ましいからです。もしシングル・DINKS向けのマンションを売却しようとする場合、なかなか売れないケースがあります。世の中ではワンルームとファミリータイプの流通量が多いので、シングル・DINKS向けのマンションの場合、理想の価格で売れないことがあるのです。シングル・DINKSの方は忙しく働いている方が多いので、シングル・DINKS向けのマンションを購入する場合は駅へのアクセスが良い駅近の物件を選ぶと良いでしょう。

シングル・DINKS向けのマンションの懸念点

一点、シングル・DINKS向けの分譲マンションで気をつけたい点としては、将来マンションが生活しにくくなるリスクがあるということです。シングル・DINKS向けマンションの場合、将来子供が出来てマンションが手狭になり、マンションを賃貸に出すオーナーが増えてきます。マンションを賃貸に出すオーナーは管理組合の会合に出ないことが多いので、大規模修繕などマンションとしての大きな決定事項が決まりづらいケースがありえます。また賃貸で借りている人と、分譲で購入している人でゴミ出しや、駐輪場のモラルがことなり、トラブルになるケースもあります。

ファミリー向けマンションがお勧め

私のお勧めとしては、せっかく購入するのであればファミリー向けマンションを購入するということです。ファミリー向けマンションは基本的に50平米以上の広さがあるので、住宅ローン控除など様々な税制の優遇策を受ける事が出来ます。また将来子供が生まれたときも、そのまま住み続けることが出来ます。万が一売却をする際も、ファミリータイプは需要が大きいため、比較的容易に売却を行うことが出来るのです。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top