マンションジャーナル

マンションジャーナル

やっぱり親は頼りになる?住宅購入の贈与税活用方法とは

マンションジャーナル最新記事

More
やっぱり親は頼りになる?住宅購入の贈与税活用方法とは

頭金を増やす方法として一番メジャーなのは「親からお金をもらう」という方法です。頭金を増やす事で借入金額を少なくし、また返済期間を短縮出来るので総支払額もより減らす事が出来るという利点があります。

住宅購入の贈与平均金額

不動産流通経営協会が行った調査によると、「親からの贈与」を利用した人の割合は、新築住宅購入者で21.3%(平均862.5万円)、既存住宅購入者で18.2%(同743.4万円)という割合でした。新築・中古共に、贈与を受けた人は約800万円の贈与を受けていることになり、贈与金額がかなりの高額であることが分かります。

「不動産流通業に関する消費者動向調査」

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

贈与税の税率

贈与税は、税金の中でも最も厳しい税金です。110万円までは贈与税がかかりませんが、それ以降は高い税率がかかります。1000万円を親から贈与された場合、約231万円の贈与税を支払う必要があります。よく「お金は親子3代で必ず無くなる」と言いますが、まさにことわざ通り、贈与税はとても高いのです。

贈与税はごまかせない

「贈与税はごまかせる」とおっしゃる方がいますが、税務署はそんなに甘くありません。家を購入した際に、税務署に対していくらの住宅を購入し、どうやってお金を払ったかという詳細を報告しないといけないのです。昔「マルサの女」という映画がありましたが、税務署の調査力はとてつもないものがあります。疑わしいものがあれば徹底的に追求されますので、しっかりと正確に報告するようにしましょう。

贈与税の非課税措置

しかし住宅購入に際して、政府は「贈与税の非課税措置」を用意しています。これは親や祖父母からマンションなどの購入資金を受け取った際にかかる贈与税を、最大1000万円までかからなくする、という制度です。

このとてつもなく強力な制度は2012年から始まり、2014年までの「期限付き」制度でした。しかし政府はこの非課税措置を2015年以降も継続することを決めました。そして最大1000万円としていた贈与税の免除金額を最大1500万年まで拡充するということを検討しています。制度が延長された背景としては、消費税増税による消費の落ち込みが激しいため、住宅購入意欲を促進するためとのことですから、まさに利用しない手はないのです。

ポイント
・2015年も住宅購入における贈与税免除は利用可能

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top