マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンションを購入したら、生命保険を見直そう!

マンションを購入したら、生命保険を見直そう!

加入した後に、ついつい放ったらかし気味になる生命保険。実は住宅を購入したタイミングは、生命保険を見直す絶好の機会です。

住宅を購入したら生命保険を見直す

住宅を購入すると、生命保険の減額が可能です。生命保険は言うまでもなく「万が一加入者が死亡した場合、残された家族にお金を残す保険」のことです。

そして、この残すお金というのは「残された家族がその後生活していくために必要な金額」に相当します。残された家族がその後生活していくために必要な金額には、居住費が含まれています。賃貸で住居を借りている場合10〜15万円ほどの家賃を毎月支払うことになるでしょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

団体信用生命保険と住宅ローン

しかし住宅を購入すると、同時に「団体信用生命保険」に加入するケースがほとんどです。団体信用生命保険は支払い期間中に万が一住宅ローンを支払う人が死亡、もしくは高度の障害になってしまった場合に、生命保険会社が住宅ローンの残りを支払うというものです。この保険は住宅ローンの支払いの金利という形で支払いますので、あまり保険料を支払っている感覚がありませんが、実は生命保険に加入しているのです。

つまり、住宅を購入したご家庭は、万が一住宅ローンを支払う方が死亡してしまった場合は、その後居住費の心配をする必要はありません。もちろん、土地や建物にかかってくる固定資産税や、水道光熱費などのランニングコストはかかってきますが、居住費用の中で最も大きなコストを占める「家賃」を払う必要がないのです。

仮に毎月10万円の家賃を支払っていた場合、今後30年間を想定すると、10万円×12ヶ月×30年間=3600万円の必要保証額を減額することが出来るのです。

また生命保険以外にも、住宅ローンに絡み、医療保険などの費用を抑えられるケースもあります。ご自身のライフプランに合わせ、一番良い方法を探してみて下さい。

ところで、中古マンションを購入すると、仲介手数料がかかりますよね。仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元しているサービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

photo credit: photopin cc

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top