マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローンを借りるならクレジットカードに要注意

住宅ローンを借りるならクレジットカードに要注意

住宅ローンを借りる際には、住宅ローンを借りる人が「この人にお金をかしても大丈夫か?」という視点で金融機関に確認されます。その際に注意したいのが、クレジットカードや無担保ローンなどの信用情報です。

住宅ローン審査とクレジットカードの延滞

本来であれば、住宅ローンを借りるのに何の問題もないほどの年収を稼いでいる方であっても、税金の滞納があったり、小額でも借金を抱えていたりすると、融資を断られてしまうこともあります。また年収が上がれば上がる程、クレジットカードを利用する人の割合は高くなっていきます。「毎月クレジットカードで何十万円も買い物をしている」という人もザラにいるようになるのですが、住宅ローンを借りる際には注意が必要です。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅ローン審査とクレジットカードの支払い・枚数

クレジットカードでどれだけの金額の支払いが出来るかは「与信粋」によって決まっています。この「与信粋」が大きくなっている人は、その分だけ査定上マイナスになることがあります。また複数のクレジットカードを持っている人も合計の与信粋が大きくなっているので注意が必要です。

実は自分の信用情報は調べることが出来ます。心配な人は「自分の信用情報がどのように登録されているか」を事前に確認すると良いでしょう。

・株式会社シー・アイ・シー
・全国銀行個人信用情報センター
・株式会社日本信用情報機構

上記の3社は「CRIN」というネットワークによりそれぞれ情報を交換しています。

CRIN(Credit Information Network)とは、当社および全国銀行個人信用情報センター、(株)日本信用情報機構の三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。それぞれの信用情報機関が保有する信用情報のうち、延滞に関する情報および各信用情報機関にご本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などを交流しています。各信用情報機関の会員会社は、加盟する信用情報機関を通じて、この「CRIN」を利用することにより、消費者への過剰貸付の防止、多重債務者の発生防止に、より一層の効果をあげることができます。

住宅の購入を考えたら、クレジットカードの整理しておくと良いでしょう。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top