マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローンを借りるならクレジットカードに要注意

マンションジャーナル最新記事

More
住宅ローンを借りるならクレジットカードに要注意

住宅ローンを借りる際には、住宅ローンを借りる人が「この人にお金をかしても大丈夫か?」という視点で金融機関に確認されます。その際に注意したいのが、クレジットカードや無担保ローンなどの信用情報です。

住宅ローン審査とクレジットカードの延滞

本来であれば、住宅ローンを借りるのに何の問題もないほどの年収を稼いでいる方であっても、税金の滞納があったり、小額でも借金を抱えていたりすると、融資を断られてしまうこともあります。また年収が上がれば上がる程、クレジットカードを利用する人の割合は高くなっていきます。「毎月クレジットカードで何十万円も買い物をしている」という人もザラにいるようになるのですが、住宅ローンを借りる際には注意が必要です。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅ローン審査とクレジットカードの支払い・枚数

クレジットカードでどれだけの金額の支払いが出来るかは「与信粋」によって決まっています。この「与信粋」が大きくなっている人は、その分だけ査定上マイナスになることがあります。また複数のクレジットカードを持っている人も合計の与信粋が大きくなっているので注意が必要です。

実は自分の信用情報は調べることが出来ます。心配な人は「自分の信用情報がどのように登録されているか」を事前に確認すると良いでしょう。

・株式会社シー・アイ・シー
・全国銀行個人信用情報センター
・株式会社日本信用情報機構

上記の3社は「CRIN」というネットワークによりそれぞれ情報を交換しています。

CRIN(Credit Information Network)とは、当社および全国銀行個人信用情報センター、(株)日本信用情報機構の三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。それぞれの信用情報機関が保有する信用情報のうち、延滞に関する情報および各信用情報機関にご本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などを交流しています。各信用情報機関の会員会社は、加盟する信用情報機関を通じて、この「CRIN」を利用することにより、消費者への過剰貸付の防止、多重債務者の発生防止に、より一層の効果をあげることができます。

住宅の購入を考えたら、クレジットカードの整理しておくと良いでしょう。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top