マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションを売却・購入するなら!固定資産評価証明書って一体なに?

マンションジャーナル最新記事

More
マンションを売却・購入するなら!固定資産評価証明書って一体なに?

マンションや戸建などを売却・購入する際に耳慣れない言葉はいくつも出てきますが、その中の一つが「固定資産評価証明書」です。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

固定資産評価証明書とは

不動産会社から売却・購入の手順を説明される際に「このステップでは固定資産評価証明書が必要になります」と言われて「固定資産評価証明書ってなんだ?」ということになるのです。マンションや戸建などを売却・購入すると、次のような税金がかかります。

  • 固定資産税
  • 不動産取得税
  • 登録免許税

これらの税金の金額を計算するための基準を「固定資産税評価額」と呼んでいます。この固定資産税評価額を記載したものが固定資産評価証明書なのです。

固定資産評価証明書は、都税事務所や市区町村役場で入手することが出来ます。この証明書は売買だけでなく、相続や贈与、財産分与等で不動産の名義を変える場合にも必要になります。固定資産評価証明書は、通常仲介を担当する不動産会社に委任状を書く事で、自分の代わりに入手してもらいます。ご自身で入手する場合、もし売却・購入する不動産が東京都内都23区内であれば、都税事務所にて固定資産評価証明書の交付を受けます。

対象の不動産が東京都23区以外にあれば、市町村役場の中で固定資産税を担当している係で固定資産評価証明書を交付してもらいます。不動産所有者が個人の場合は、運転免許証などの身分証明書を持参します。もし不動産所有者の相続人が請求する場合は、不動産所有者が亡くなった証明書と、所有者の相続人であることが分かる書類を持参します。

たまに「評価証明もしくは公課証明」というような記載があることがあります。ほとんど同じものですが、正確には公課証明は評価証明の項目に加え、課税標準額及び税相当額を記載したもののことです。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top