マンションジャーナル

マンションジャーナル

【永久保存版】住宅取得に必要なお金一覧

マンションジャーナル最新記事

More
【永久保存版】住宅取得に必要なお金一覧

住宅購入の費用ではとにかく「物件価格」に目が行きがちで、他に費用がかかることは広告などに一切書いてないのですが、実はこれだけの費用がかかります。イメージしやすくするため、かなり大まかですが「目安」の金額も記載しました。

必要な資金は大きく「住宅購入前」「住宅購入後」で分けることが出来ます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅購入前

購入前費用

 住宅購入後

不動産取得費用2

住宅購入前のいわゆる「諸経費」合計は住宅購入価格の約7〜10%程度を見ておくと良いでしょう。

印紙税

契約書を作成する為には税金がかかります。この税金は郵便局で売っている「印紙」を買う事で「税金をおさめた」ということになります。契約の金額(不動産価格・ローンを借りた金額)によって必要な印紙税が変わります。

 消費税

土地には消費税がかかりません。土地は「消費されないから」という理由です。中古住宅を個人同士で売買する場合、建物についても消費税はかかりません。

司法書士報酬

不動産の売買には司法書士という法律の専門家が協力してくれます。「この不動産は確かに私のものになりました」と証明する「登記」や、住宅ローンを借りる際に「万が一住宅ローンが返せなくなったら銀行が住宅を差し押さえます」という抵当権を設定する作業などに費用がかかります。

住宅ローン事務手数料

住宅ローンを借りるための住宅ローン審査や、諸手続きのために銀行から請求される費用です。

保証料

万が一住宅ローンを返済出来なくなったときの連帯保証人を立てる代わりに、保証会社に入ってもらうための費用です。ちなみに住宅ローンを返済出来なくなっても、その後支払う先が銀行から保証会社に変わるだけで、住宅ローンの支払うは免除されません。

団体信用生命保険料

住宅ローンの借主が死亡した際、住宅ローンの支払いを生命保険で行うための費用です。金融機関によっては加入が必須でないこともありますが、入っておいた方が無難です。通常毎月の住宅ローンの支払いに上乗せされるので、意識することはあまりないです。

不動産取得税

住宅の引き渡しを受けた2〜3ヶ月後に支払いを求められます。

修繕積立金

住宅購入後、毎月支払う修繕積立金とは別に、新築マンションの場合まとめて支払いを求められることがあります。中古マンションの場合は毎月の支払いのみです。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top