マンションジャーナル

マンションジャーナル

ベストな住宅ローンの借り方とは

マンションジャーナル最新記事

More
ベストな住宅ローンの借り方とは

不動産の購入を決めると、営業マンが毎月の返済金額を算出してくれます。その毎月の返済金額を見て「これなら返済出来そうだ」と考え、住宅購入に踏み切る、という形です。

住宅ローンの返済額

しかし「毎月の返済額」で見るというのは、実は危険です。その金額がいまの家賃を上回っていても「少し節約すれば、返済出来そうだな」と楽観的に考えてしまう可能性があるからです。いくらの住宅ローンを借りるのが適正かは「年収負担率」で確認すると客観的に判断することが出来ます。以下の表をご覧下さい。

負担率

ここで言う年収とは、住宅ローンを借りる人の「税込み」の年収になります。表の中の数字が「毎月の返済金額(単位:万)」となるのです。この表を確認することで「年収のどれだけを住宅費に当てるか」を確認することが出来ます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

年収負担率

私がオススメしているのは、年収負担率を25%以内におさめるということです。年収が税込み600万円であれば、毎月12.5万円まで返済出来るということです。「もう少し、返済出来るよ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、この程度におさめておいた方が無難です。人生において、今後何があるか分からないからです。

例えば、今はお子様が小さいかもしれませんが、子供が大きくなるにつれて養育費はどんどん増えていきます。また見通しの付きづらい世の中ですから、将来年収が下がること、勤めている会社を退職しなくてはいけなくなるかもしれません。そう考えると、少しずつ貯蓄を行い「万が一」に備えると共に、余裕のある住宅ローン返済をする方が望ましいのです。

住宅ローンとボーナス

またこの表には記載しておりませんが、ボーナスを返済計画に含めると、住宅ローンを借りられる金額上限はグッと上がります。ついついボーナスを返済計画の中に含めたくなりますが、なるべく返済計画の中にボーナスは含めない方が無難です。ボーナスは会社の業績に左右されるものなのでいつまで貰えるか分かりませんし、例えば転職した際に現金ではなくストックオプションでボーナスが支払われるかもしれません。返済計画にはボーナスを含めずボーナスを貯蓄に回しておき、実際にボーナスがたまってきたら繰り上げ返済をするというのがオススメです。

住宅を購入することは、とても夢のあることです。しかしその夢が悪夢にならないよう、現実的な返済プランを建てられると良いでしょう。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top