マンションジャーナル

マンションジャーナル

お得にマンションが買える?「借地権」マンションとは

マンションジャーナル最新記事

More
お得にマンションが買える?「借地権」マンションとは

マンションを探していて「おっ、このマンション安いな!」と思ったとき、広告を良く見てみると「借地権」と書いてあることがあります。今回はこの「借地権」についてご説明します。

借地権とは

借地権とは読んで字のごとく「土地を使わせてもらう権利」のことです。あくまでも「土地を使う権利」なので、土地があなたの物になる訳ではありません。では誰のものかというと、神社や病院、地主のものなのです。

対になるものとして「所有権」があります。これは完全に土地があなたのものになるので、建物を建てようが、建物を解体しようが、穴を掘ろうが、あなたの自由というわけです。借地権の場合は、何かしようとすると基本的に地主さんの許可が必要になります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

借地権のメリット

借地権のメリットは、何と言っても価格が安いことです。マンションの場合、所有権の相場の7〜8割程度。戸建の場合、所有権の相場の6〜7割程度まで購入価格が落ちます。また土地はあなたのものにはなりませんので、土地の固定資産税・都市計画税・土地の取得にかかわる税金がかかりません。もちろん、借地権も立派な「権利」ですので、基本的には他の人に売却することも出来ます。

一方で毎月支払わないと行けない費用として、地主さんに毎月支払う地代があります。マンションの場合、数千円〜2万円程度のことが多いです。戸建ての場合、1万〜4万円程度といったところでしょうか。

旧法借地権と定期借地権

少しマニアックな話になりますが、借地権には「旧法借地権」と「定期借地権」の2つがあります。「旧法借地権」は旧法と名前がついていますが、借地権のメジャーな種類です。借りる側の立場が強く、土地を使う権利も賃貸マンションと同じように数年に一度の「更新料」を支払っていればずっと保たれます。住宅ローンも銀行によっては利用を断られることがありますが、基本的に所有権と同じ様に利用することが出来ます。

一方「定期借地権」は1992年に出来た新しい制度で、少数派です。最近の新築マンションには多いかもしれません。読んで字のごとく「一定期間」しか土地を使えない権利のことですで、最終的には建物を更地にして地主さんに返さないといけません。「一定期間」とは50年ほどの期間のことが多いのです。

「じゃあこの期間が終わったら本当に建物を壊さないといけないのか。全く契約を更新することは出来ないのか?」という疑問がわきます。しかし、世の中にまだ定期借地権の期間が満了したマンションが存在しないため、誰も明確に「こうなる」と言えないのが現状です。住宅ローンも新築の時は借りることが出来ますが、中古マンションとして購入する場合、貸してくれる銀行はかなり限られるようです。

ポイント
・借地権は安くマンションを購入出来る事がメリット
・定期借地権は要注意

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top