マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローンの注意点!ベストな返済金額とは

住宅ローンの注意点!ベストな返済金額とは

マンションなどの住宅を購入する際、多くの方が住宅ローンを利用してマンションを購入することになります。

住宅ローンは最長35年と、非常に長期に渡る返済になりますから、返済計画の建て方がとても大事になります。不動産は基本的に価格が上がれば上がる程、いい住宅になります。やはり1000万円違えば、かなりマンションのグレードは変わってしまうのです。不動産会社の営業マンもそれを分かっていますので、お客様に不動産を紹介する際は安い物件→高い物件という順番で案内します。

「出来るだけいいマンションに住みたいけど、どれぐらいの価格のマンションを購入すれば良いんだろうか・・・」と悩むのは当然のことです。住宅ローンの借り入れ上限や、どのくらいの返済額になるのかは住宅ローンシュミレーションで確認することが出来ます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅保証機構株式会社 住宅ローンシュミレーション

フラット35 住宅ローンシュミレーション

不動産会社の営業マンは仲介手数料を上げたいがために、高額なマンションを紹介してきます。しかしまずはチェックして頂きたいポイントとして「自分は毎月いくら住宅ローンの支払いにあてられるのだろう」ということです。

毎月の住宅ローンの支払い可能額は、おおよそ次のような計算式で算出する事が出来ます。

毎月の住宅ローンの支払い可能額=(毎月の家賃)+(住宅購入の為の積立金)-(都市計画税)-(固定資産税)-(管理費)-(修繕積立金)-(駐車場代)

マンションの購入を考えている方は、毎月マンション購入のためにお金を積み立てていると思います。

まずは住宅を賃貸で借りている場合は、その家賃と積立金を足し合わせてみましょう。マンションを購入すると、固定資産税などの税金や、毎月の管理費・修繕積立金なども支払わないといけません。こういった経費をすべて「家賃+積立金」から引いた後に「毎月支払いを行う事ができる金額」が出てきます。

住宅ローンを借りる際は、この金額で返済がおさまるようにすると一つの目安となるでしょう。

ポイント
・住宅ローンで借りる金額は毎月返済出来る額を目安とする

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top