マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションの購入注意点!管理組合の確認をしよう

マンションジャーナル最新記事

More
マンションの購入注意点!管理組合の確認をしよう

中古マンションの購入を検討する際に重要になるのが「管理組合」の運営状況です。

管理組合はマンションの住人から構成されるコミニティですが、マンションで快適な生活する上で欠かせない存在です。マンションを購入する前に、管理組合について3つの視点から確認されることをお勧めします。

1.管理規約の内容

マンションで生活する上でのルールをまとめたものが「管理規約」になります。この「管理規約」があなたがマンションで生活をする上であなたのライフスタイルにマッチしたものがどうかチェックしましょう。特にリフォーム周りについては、どこまでリフォームを行うことが出来るか、騒音に対する規制はどの程度かということを事前に確認することで理想のリフォームを行うことが出来るかどうか確かめることが出来ます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2.修繕計画

マンションは約12年に1度「大規模修繕」を行います。この大規模修繕を行わないと、マンションの老朽化が進み、マンションの資産価値が落ちてしまいます。マンションのリフォームは専有部分(部屋の中)については行うことが出来ますが、廊下や玄関などの共有部分については大規模修繕で行うしかないからです。この修繕計画が実践的で具体的なものか確認を行うことで、今後もマンションとして資産価値を保ち続けることが出来るかどうかの判断材料とすることが出来るのです。

3.掲示板

マンションの玄関などに設置されている掲示板には管理組合の「お知らせ」が記載されています。このお知らせを確認することで、しっかりと管理組合が機能しているかどうか確認を行うことが出来るのです。掲示板の内容が古いものだったり、全く内容が更新されていない場合、もしくは「ゴミ捨てのルールを守りましょう」などというようにマンションコミニティの水準の低さを表すものが書かれている場合は要注意です。

マンションにおける管理組合は戸建住宅でいうところの「ご近所付き合い」の最も大事な基礎要素です。ぜひマンション購入前の段階で「管理組合がしっかりと機能しているか」を確認するようにしていただければと思います。

ポイント
・管理組合は「管理規約」「修繕計画」「掲示板」で確認を行う

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top