マンションジャーナル

マンションジャーナル

リフォームで住宅ローン減税を利用する方法

マンションジャーナル最新記事

More
リフォームで住宅ローン減税を利用する方法

最近では新築ではなく、中古でマンションや戸建を購入する人が増えてきました。中古でマンションや戸建を購入する場合、リフォームをするケースが多いと思います。

リフォーム費用に住宅ローン減税を活用する

リフォームの金額はどの部分をどれだけリフォームするかによって変わりますが、50万〜1000万ほどの金額がかかります。実はこのリフォームの金額に対して、住宅ローン減税を利用することが出来ます。

リフォーム代金で住宅ローン減税を受けるためには「リフォーム代金に対して10年以上のローンを組むこと」「100万円以上のリフォーム工事を行うこと」という条件に加え、下記の条件のどれかを満たす必要があります。

  • 増改築、建築基準法に規定する大規模な修繕または大規模の模様替えの工事であること
  • マンションの専有部分の床、階段または壁の過半について行う一定の修繕・模様替えの工事であること
  • 家屋のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関または廊下の一室の床または壁の全部について行う修繕・模様替えの工事であること
  • 耐震改修工事であること
  • 一点のバリアフリー改修工事であること
  • 一定の省エネ工事であること

控除の金額は、なんと住宅ローン減税と同じで最大400万円です。住宅の購入金額に対しての住宅ローンと一緒に併用出来ることも特徴です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top