マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

中古マンションの購入申込書はココに気をつけよう!

中古マンションの購入申込書はココに気をつけよう!

中古マンションを探し「これだ!」と思うお目当のマンションが見つかったら「購入申込書」というものを書きます。この購入申込書は別名「買付(かいつけ)」とも言います。

中古マンションの購入申込書の内容

中古マンション購入のステップは大きく3つに分かれています。

(1)購入申込書提出→(2)契約書締結→(3)決済

という流れになっているのです。この購入申込書に記載する内容は以下の通りです。

  • 購入価格(購入希望価格)
  • 手付金の金額
  • 購入条件
  • 契約予定日
  • 物件の詳細
  • 購入申込者の詳細情報

購入申込書の縛り

よく頂く質問として「購入申込書を提出したら、絶対に売買契約しないといけないのでしょうか?」という質問を頂きますが、法律的に「購入申込書を提出した人は、売買契約をしなくてはいけない」という縛りはありません。「購入申込書」はあくまでも買い主様の「買いたい」という意思表示に過ぎないのです。

とはいえども、基本的に購入申込書で提示した条件で売り主様がOKしたら、買い主様は売買契約に進むのが普通です。購入する気もないのに、購入申込書を提出することはNGなのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

購入申込書と条件交渉

また中古マンションの値引き交渉ができるのは購入申込書を提出したタイミングのみです。購入申込書を提出していないのに「300万円値引きしてください」とか「部屋をクリーニングしてください」といった住宅の値段や条件について交渉しても、売り主さんは取り合ってくれないのです。

勘違いしやすい点として「購入申込書を価格の満額(値引き無し)で提出したら絶対にマンションを購入出来る」という誤解がありますが、決してそんなことはありません。人気の物件であれば同時に購入申込書が入ることはザラですし、値段以外の条件で他の買い主様の方が選ばれ、買い逃ししてしまうことはよくあります。

売主に好印象を持ってもらうことがコツ

どの買い主様とお話を進めるかは売り主様次第です。後から入ってきた購入申込書であっても、より良い条件の購入申込書であれば売り主様はそちらの購入申込者に住宅を売ることが出来るのです。

中古マンション購入の裏技!売り主と仲良くしよう

「ちょっと検討の時間をください」というような悩ましいマンションが出て来た際に、悩んでいるうちに他の人から購入申込書が入ってしまい、マンションを購入することが出来なくなってしまったというようなケースも多いものです。

もちろん、営業マンに焦らされて自分の希望していない住宅を購入することは絶対に避けないといけませんが、住宅の購入はタイミングが命であることも間違いありません。本当に探していた希望条件の住宅が出て来たときに、すぐに購入するかどうか決定をするために日頃から住宅に求める条件を整理しておいた方がよいでしょう。

中古マンション購入は、デベロッパーが売主となる新築マンション購入とは異なり、個人間の取引となります。そのため、物件探しに始まり、最終的に入居するまでの流れをしっかりと把握しておかないとトラブルに発展しやすい側面もあります。なので、「住宅ローンはどのタイミングで審査してもらうのか」、「仲介手数料はどのタイミングで支払うのか」などの一連の中古マンション購入の流れについてはしっかりと押さえておきましょう。

また、中古マンションを購入するときに必要な仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元している中古マンション購入サービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ポイント
・購入申込書は意思表示に過ぎない
・購入申込書を提出しても、他の人が住宅を購入することがある

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top