マンションジャーナル

マンションジャーナル

中古マンションを格安で購入する方法!

マンションジャーナル最新記事

More
中古マンションを格安で購入する方法!

お得なマンションの探し方には色々コツがありますが、その中の一つが「リフォーム出来れば改善出来るマンションを探す」ことです。

人間というのは、目で見た情報に強い影響を受けます。「こうすれば改善出来るな」と頭の中で思えたとしても、実際に目の前の現状になかなか逆らってまで想像をすることが出来ないのです。それゆえ、中古マンションの中には「不当に評価が低い」マンションというものが存在します。

格安マンションの見抜き方

一番注目したいのはマンションの間取りです。「おっ、このマンション安いな!」と思って実際に見学に行ってみると、間取りが使いにくいケースがあります。図面では気付きにくいのですが、実際にマンションの中で動き回ってみると、動きづらかったり、必要以上にたくさん動かないといけない様な間取りになっているのです。

こんな間取りにマンションがなってしまっているのには理由があります。新築でマンションを作る場合、マンションディベロッパーはどんな人がマンションを買うのか分かりません。リビングが広い方が良いのか、ダイニングが広い方が良いのか、キッチンを重視するのか、それとも全く重視しないのか。マンションを購入する人のライフスタイルによって、最適な間取りは変わってきます。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

新築マンションの間取りは使いづらい

しかしマンションディベロッパーはマンションを購入する人のライフスタイルは予測がつきません。そこで一般に受けが良い「なるべく広い部屋」を確保しようとします。実際に生活してみると動きづらかったり、生活しにくかったとしても、図面の上では見た目が良い「大きな部屋」を確保しようとするがゆえに使いづらい間取りになってしまっているのです。出来たばかりの新築マンションであればリフォームは出来ませんが、中古マンションだと話は別です。たとえ今使いづらい間取りだったとしても、リフォームをしてしまえば間取りを変えることが出来ます。現状の間取りは関係がないのです。

水回りもリフォームで新築以上のグレードになる

また不当に評価が低くなっているマンションの特徴として「水回りが汚い」というケースがあります。水回りは手入れ・メンテナンスの仕方によって汚れ具合が全く異なります。しかし、リフォームをすればこの水回りも完全に新品にすることが出来ます。「水回りは新しい方がいいから新築にしました」という方もいらっしゃいますが、とんでもないことです。水回りのリフォームは、思った程費用がかかりません。それどころか、新築マンションの設備よりも格段にグレードの高い設備にすることが出来ます。

リフォームで変更出来る部分は、マンションの資産価値に影響がありません。後から変えられる部分にとらわれず、不当に低く評価されているマンションを探すのがマンション購入のポイントです。

ポイント
・リフォームすれば改善出来るのに安く評価されているマンションが狙い目
・間取りと水回りは要チェックポイント

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top