マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション購入で必要な保険の選び方

マンションジャーナル最新記事

More
マンション購入で必要な保険の選び方

マンションなどの住宅を購入する際、保険に入る必要があります。「何がどんな役割を果たすのか良く分からない・・・」というご相談を頂くことも多い分野です。

住宅購入に関係する保険は以下の4つです。

  • 団体信用生命保険
  • 火災保険
  • 水災保険
  • 地震保険

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.団体信用生命保険

住宅ローンの支払いは最大で35年と非常に長期に渡ります。よく「団信(だんしん)」と言われる団体信用生命保険は、その長期の支払い期間中に万が一住宅ローンを支払う人が死亡、もしくは高度の障害になってしまった場合に、生命保険会社が住宅ローンの残りを支払うというものです。民間の金融機関は基本的にこの「団信」が住宅ローンを借りるための条件になっています。団信は住宅ローンの支払いの金利という形で支払いますので、あまり保険料を支払っている感覚がありません。

マンションを購入したら、生命保険を見直そう!

2.火災保険

万が一住宅が火災で燃えてしまったとき、保証してくれるのが火災保険です。以前は加入が必須でしたが、最近では加入が必須ではない金融機関も出てきました。

大事な家はしっかりと守りたい!火災保険に入る内容とタイミングとは

3.水災保険

台風や大雨、洪水、土砂崩れなどにより床下浸水などの被害があった時に保険金が受け取れるのが水災保険です。以前は火災保険とセットになっていましたので「知らないうちに入っていた」という方も多いのではないでしょうか。最近では火災保険から水災保険を外せるケースも増えてきました。近くに海や川がなく、水害の危険性がない場合は外しても良いかもしれません。

4.地震保険

地震による被害を保証してくれるのが地震保険ですが、地震大国日本ということもあって、保険料が高額な割に保障の範囲が少ないのが特徴です。最大で建物価格の半額までしか保証はされません。水災保険と同じように、地震保険も加入は任意です。

注意して頂きたい点としては、地震が原因の火災は「地震保険」でのみ保障されます。意外なことに火災保険では保障されないので注意が必要です。

大きな地震災害では火事による二次被害はつきものです。保険料の支払いが出来るようであれば、是非地震保険には加入されることをお勧めします。

 ポイント
・火災保険は必須では無い金融機関もある
・地震による火災は地震保険でしか保障されない

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top