マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローン保証料を無料にする方法

住宅ローン保証料を無料にする方法

住宅ローンを借りてマンションなどの住宅を買う際に、基本的には「住宅ローン保証料」を支払うことになります。住宅ローン保証料とは万が一あなたが住宅ローンを支払えなくなった場合、保証会社が銀行に残額を支払うための「保証料金」のことになります。

「住宅ローンが支払えなくても保証会社が代わりに払ってくれるなら安心!」と思いきや、実はそんなことはありません。保証会社はあくまでに「一時的にあなたの代わりに」銀行に住宅ローンを支払っただけで、今度はあなたが保証会社に対して住宅ローンを支払わなくてはいけないのです。

住宅ローン保証料の相場

この保証料は結構な金額がかかります。大体1,000万円の住宅ローンに対して20万円程度が相場の金額です。仮に3,000万円住宅ローンを借りたとしたら60万円の保証料を支払わなくてはいけませんから、諸経費が膨らむことになります。

この保証料を減らすことが出来れば、その分頭金(あたまきん)に回し、住宅ローンの返済を早めることが出来ます。では一体どのような方法があるのでしょうか。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.住宅ローン保証料が不要の銀行を使う

世の中には保証料が必要ない住宅ローンがあります。有名なものとしては

  • フラット35
  • ソニー銀行
  • 新生銀行

などの住宅ローンには保証料がありません。ただこれらの方法にはネックがあります。例えばフラット35で借り入れを行う場合、変動金利では必要のない団体信用生命保険の保険料を支払う必要が出てくるのです。

またネット銀行の多くは保証料がかからない一方、別途「事務手数料」がかかり、初期費用を総コストで見たときに大きな違いがありません。

変動金利の住宅ローンを徹底比較!絶対に押さえておきたい4つのポイント

2.住宅ローン保証料を分割で払う

保証料の支払い方には、住宅ローンを借りる際に一括で払う方法と、毎月の返済時に分割して支払う方法があります。毎月の返済金額に対して、金利を0.2%程度上乗せして支払っていくのです。

よくご相談を頂くのが「保証料を分割で支払うようにお願いすると、住宅ローンの審査が落ちやすくなるんじゃないでしょうか」というものですが、審査には関係ありません。保証料がない住宅ローンを選べず「頭金が足りない」という方は分割での支払いにした方がよいでしょう。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top