マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

そんなことってあるの?住宅ローンを借りられない住宅に要注意!

そんなことってあるの?住宅ローンを借りられない住宅に要注意!

住宅ローンを借りる際に「この物件では住宅ローンはお貸し出来ません」と言われることがあります。見た目も立派で、耐震構造もしっかりしてそうなのに何故?ということも多いのですが、実は「違反建築物」などになってしまっている場合があります。

パターン1.建物が大きすぎる

土地の大きさに対して、どのくらいの大きさの建物を建てて良いかは場所によって決まっています。この「場所」というのは結構細かく決まっており、道一本違うだけで「ここは3階建て建てていいけど、そっちからは2階までしか建てちゃだめだよ」という風に決まっています。

この大きさというのは

  1. 土地に対してどれだけ空き地を確保しなければいけないか(建ぺい率といいます)
  2. 土地に対して2階・3階なども含めて、どれだけの広さの建物を建てて良いか(容積率といいます)

という2種類の視点から確認されます。最初は大きさを守っていたけれども増築を重ねるうちに大きくなりすぎてしまった場合なども違反建築物になります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

パターン2.道路にちゃんと接してない

日本の不動産は防災的な視点から「2m以上」道路に接していないといけないというルールがあります。入り口はせまいけれども奥に広がっていく土地などでは、入り口部分が2m道路とくっついているかが重要です。仮に1m95cmというように「あと5cm足りない!」という場合でも違反建築物になってしまいます。不動産会社の広告には、わざとこういった道路に接しておらず安くなった物件が載っている事があります。

不動産の紛らわしい広告を徹底解説

パターン3.土地や建物が小さすぎる

小さすぎる土地や建物も住宅ローンを借りることが出来ません。マンションの場合30平方メートル未満、戸建ての土地で40平方メートル未満だと「不適格」と見なされてしまいます。恐らく小さすぎるので担保価値がない、もしくは他人に貸す目的なのではないかと銀行が疑うことが背景にあると思われます。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top