マンションジャーナル

マンションジャーナル

新築マンションの恐怖!買った瞬間に値段が2割落ちる理由とは

マンションジャーナル最新記事

More
新築マンションの恐怖!買った瞬間に値段が2割落ちる理由とは

世の中で多数派を占める新築物件。実は購入した後すぐに価格が2割も下がってしまうという大きな欠点があります。

具体的には、マンションを購入して買い主様が住み始めた瞬間に住宅は「中古住宅」になり、値段が2割落ちるということです。大変ショッキングな事実ですが、実際に4000万円で購入した新築マンションを、何らかの理由ですぐに手放さないといけないという理由で売りに出すと、3200万円程度でしかマンションを売却出来ないのです。

なぜ新築の価格はすぐに2割下がるのか

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか。実は新築マンションには不動産の価格に反映される「土地」と「建物」代金以外に、様々な費用が上乗せされているからです。具体的には新築マンションの販売時に使う立派なモデルルーム(数千万の費用がかかります)、チラシやダイレクトメッセージ、豪華なパンフレットの作成費用、そして不動産会社の利益が乗っかってくるのです。

新築マンションを購入しようと思うと、立派なモデルルームやパンフレットによって気分が盛り上がり、権利関係や安全面などでも何となく安心な気がするものですが、実際には「値下がり」という大きなリスクを抱えることになります。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

頭金無しのケースは要注意

特に注意して頂きたいのが頭金無しのフルローンで新築マンションを購入するケースです。つまり、マンションの購入金額を全て住宅ローンでまかなうというやり方です。

一般的に住宅を購入する際に、最初に現金で支払う「頭金(あたまきん)」は住宅価格の2割程度あるのが理想だと言われます。この頭金を一切入れず、全て住宅ローンで借りるとすると、何らかの理由で購入した新築マンションを1年〜2年程で売らなくてはいけなくなってしまった場合、マンションの値段が下がった2割分だけ借金が残ってしまうのです。

マンション購入の頭金はいくら必要?

住宅に対する考え方は人それぞれです。「絶対に新築がいい!」という方もいらっしゃいますし、それはそれで悪いことではないと思います。ただ「資産価値」として考えた場合、新築の物件にはリスクがあることをご認識頂ければと思います。

ポイント
・新築住宅は住み始めた瞬間に2割値段が落ちる
・頭金のフルローンは債務超過に陥る危険性がある

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top