マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 決済当日の流れ

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 決済当日の流れ

マンション売却における最後のステップ「決済」当日の流れについてご説明します。決済は、買い主様が住宅ローンを借りる金融機関で行われます。金融機関の一室で、売り主様・買い主様・不動産会社・司法書士・金融機関の人間が一同に集まります。

決済日当日の流れは以下のようになります。全体として1時間半ほどかかるケースが多いです。

  • 登記申請の手続き
  • 融資実行依頼
  • 残代金の授受
  • 諸費用等の清算
  • 書類等の引渡し
  • 物件の引き渡し
  • 司法書士・不動産会社への報酬の支払い

詳しく内容を見ていきます。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

 1.登記申請の手続き

マンションの決済では、司法書士という法律の専門家が必要書類の確認を行います。「確かに買い主様のものにマンションがなりましたよ」と国に申請を司法書士が行うのです。

2.融資実行依頼

書類の確認が終わると、買い主様が銀行から融資してもらった住宅ローンの振込が行われます。この融資によって、まずは買い主様の口座にお金が入るのです。

3.残代金の授受

買い主様の口座にお金が入ったら、次は売り主様の口座にお金を振り替えます。売り主様は自分の口座に着金が確認出来たら、その金額の領収書を書くことになります。

4.諸費用等の清算

残代金の支払いが終わったら、公租公課と呼ばれる税金の清算や管理費の清算を行います。基本的に売り主様はまたお金を受け取るのです。

5.書類等の引渡し

建築確認通知書・管理規約などの原本を買い主様に渡します。

6.物件の引き渡し

売り主様から買い主様へ鍵の引き渡しを行うことで、マンションの引き渡しが完了します。

 7.司法書士・不動産会社への報酬の支払い

最後に司法書士・不動産会社に対して報酬の支払いを行います。

いかがでしたでしょうか。文面で見ると多いように感じられますが、実際にはあっという間に時間が過ぎてしまいます。

決済は、いままで長い時間をかけて行って来たマンションの売却活動の最後のステップです。是非喜びを噛みしめながら、決済にのぞんで頂ければと思います。

ポイント
・決済にかかる時間は1時間半程度
・お金はほとんどが伝票でやりとりを行う
・喜びを噛みしめ、決済を行いましょう

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top