マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 決済に必要なもの

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 決済に必要なもの

マンションの売却契約が無事終わり、引っ越しの準備や銀行とのやりとりが終わるといよいよ「決済」となります。

売却の決済に必要なものは以下の13個になります。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンション売却の決済に用意するもの

・身分証明書
・権利証/登記識別情報通知書(原本)
・印鑑(実印)
・印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
・住民票(登記名義人変更登記が必要な場合のみ)
・司法書士への報酬(抵当権抹消登記等がある場合)
・固定資産課税明細書(固定資産税納税通知書)
・固定資産評価証明書/固定資産課税台帳記載事項証明書
・振込手数料(住宅ローン返済の為振込する場合)
・通帳
・鍵
・パンフレット・物件の関係資料(原本)
・抵当権抹消書類

固定資産評価証明書については、不動産会社が用意してくれます。

「住宅ローンの振込手数料」とは、買い主様から受け取ったマンションの代金のうち、住宅ローンの返済にあてる金額を銀行に振り込む手数料になります。

ここまでくれば本当にあと一歩です。ぜひ最後まで気を抜かず頑張って下さい。

ポイント
・決済には実印と印鑑証明書が必要
・最後の決済のため、しっかりと準備を行う

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top