マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 決済に向けての準備

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 決済に向けての準備

マンションの売買契約が終わると、いよいよ決済に向けて準備を行います。マンションを買い主様にお渡し出来るように準備を整えるのです。

決済に向けての準備はとても大切です。なぜならこの「マンションを買い主様に引き渡せる準備」が完了しないと、売り主としての義務を果たしていないことになり「違約金」を取られてしまうからです。違約金は契約内容によって金額が異なりますが、おおよそマンションの価格の20%程度という高額ですので、しっかりと準備を進めていきましょう。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンション売却の決済に向けて準備をする時期

ただこの準備は買い主様から「住宅ローンの審査が通りました」という連絡が来てからでかまいません。大体買い主様が住宅ローンの審査が通るまで2〜3週間ほどかかることが普通です。

1.銀行に連絡する

売り主様がマンションを購入した際に住宅ローンを借り、まだ住宅ローンが残っている場合は銀行に連絡をします。住宅ローンの担保としてマンションに付いている「抵当権」を外してもらう準備をするためです。「抵当権」とは、万が一住宅ローンの支払いが出来なくなってしまったときに、そのマンションを差し押さえますよ、という権利のことです。

住宅ローンが残っている場合、マンション売却の決済を行う際に買い主様からもらう代金の一部をその住宅ローンの返済に当てます。決済の日が確定すると最終的な利息の金額が決まりますので、銀行も手続きが出来るのです。この手続きは結構時間がかかるので要注意です。2週間程度かかることが多いので、時間に余裕を持つようにしましょう。銀行への連絡は、住宅ローンを借りたご本人様が印鑑と身分証明書を持っていく必要があります。詳しくは住宅ローンを借りた銀行に問い合わせをしてみてください。

2.マンションの管理組合・自治会への連絡と届け出を行う

マンションを売却すると管理組合員としての資格を喪失し、買い主様が新しく組合員として参加することになります。管理組合に連絡をし、必要書類の届け出を行いましょう。マンションによっては、一枚の書類に売り主様・買い主様両方の記名捺印が必要な場合があります。この場合、先に売り主様の記名捺印をすませておき、決済のタイミングで買い主様に書類を渡し、後は任せると良いでしょう。マンションの管理組合以外にも自治会などに加入している場合は、同様に手続きを進めて下さい。

3.税金清算の計算

マンションを所有していると「固定資産税」「都市計画税」がかかります。この2つを合わせて「公租公課」といいます。この税金は、マンションを1月1日の時点で所有している人がまとめて1年分支払いますので、1年間のうち売却後の期間の分を買い主様から支払ってもらいます。買い主様が負担する期間は決済日(銀行で買い主様から代金を振り込んでもらう日)から12月31日までですので、日割り計算をして金額を算出しましょう。良く分からなければ、不動産会社にお願いすれば大丈夫です。

4.管理費・修繕積立金の計算

マンションに居住していると「管理費」「修繕積立金」を毎月支払います。これらは税金とは違い、毎月ごとに支払いをしているので決済日を元に、月の中での日割り計算をして買い主様の負担金額を算出しましょう。万が一、管理費・修繕積立金の滞納がある場合は必ず支払いを行って下さい。また駐車場がある場合や、町内会費などの支払いをしているケースも多くあります。これらについても清算が必要です。合わせて、新しい買い主様がスムーズに住み始められるように、管理会社への通達も必要になってきます。

5.必要書類の準備

売却に必要な書類を今一度確認しましょう。これらの書類がないと、決済をすることが出来なくなってしまいます。

【必要書類】

・身分証明書
・権利証/登記識別情報通知書(原本)
・印鑑(実印)
・印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
・住民票(登記名義人変更登記が必要な場合のみ)
・司法書士への報酬(抵当権抹消登記等がある場合)
・固定資産課税明細書(固定資産税納税通知書)
・固定資産評価証明書/固定資産課税台帳記載事項証明書
・振込手数料(住宅ローン返済の為振込する場合)
・通帳
・鍵
・パンフレット・物件の関係資料(原本)
・抵当権抹消書類

特に権利書については注意が必要です。万が一どこかにいってしまった、紛失してしまったというときは司法書士に手続きをしてもらうことになります。費用も時間もかかりますので、売買契約のタイミングで確認しておくことが望ましいでしょう。

マンション売却 決済に必要なもの

6.掃除・ゴミ捨て

マンションの引き渡しに向けて、あらかじめ掃除とゴミ捨てを進めておきましょう。粗大ゴミの処分などはなかなか時間がかかるものです。新居にいるもの・いらないものを分別し、新しく居住する買い主さんにキレイな状態で渡せるようにしましょう。時々「これはまだ使えるので、買い主さんに残します」という売り主様がいらっしゃいますが、正直あまり喜ばれません。むしろ、トラブルになるケースさえあります。何かプレゼントを用意するとなれば、すぐ使うトイレットペーパーやティッシュ、電球や蛍光灯ぐらいにしておきましょう。

ここまでくれば最後まであと一歩です。是非最後まで、気持ちのよい売却のために頑張って下さい。

ポイント
・決済への準備を怠ると違約金を請求されることがある
・銀行の住宅ローン手続きには時間がかかる
・マンションの管理組合・自治会へも届け出を行う。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top