マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 契約に必要なもの

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 契約に必要なもの

売却活動を終え、いよいよ明日はマンション売却の契約日というタイミングはとても緊張します。マンション売却の契約日に持っていくものを今一度整理しましょう。実は、マンション売却の契約日に持っていくものはそんなに多くありません。持っていく物は4つだけになります。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.印鑑

契約書に押す印鑑が必要になります。この印鑑は実印でなくて大丈夫です。契約日の後一ヶ月ほど後に行う、マンション売却代金を受け取る決済のタイミングで実印は必要になりますが、このタイミングでは「認め印」で大丈夫です。

2.身分証明書

マンション売却の契約に来た人が本当に売り主様かどうかを確認するための必要書類になります。運転免許証か保険証、パスポートなどを用意して下さい。

3.印紙代(現金)

契約書に貼る「印紙」の代金を持っていく必要があります。印紙とは、契約書を作る場合に国におさめないといけない税金のことです。マンションの金額が1000万より高く、5000万円以下ならば1万円。マンションの金額が5000万より高く、1億円以下ならば3万円が必要です(平成26年4月1日から平成30年3月31日までの間に契約書が作成される場合)。

契約書は売り主様と買い主様分で2通作るので印紙は2枚必要ですが、印紙代は売り主様と買い主様で折半するので1枚分だけで大丈夫です。印紙は不動産会社があらかじめ郵便局で買ってきますので、現金だけ持っていけば大丈夫です。

4.部屋の写真

契約日当日には「マンションの付帯設備」の確認書を取り交わします。その際、設備について色々と買い主様から質問が出る可能性があります。スマートフォンやデジカメなどで部屋の写真と設備の写真を色々と取っておくと、質問された時に答えやすいのでお勧めです。

契約日の前日というのはとても緊張します。マンションの売却という高額な取引ですから、緊張して当然と言えます。しっかりと準備を行い、落ち着いて契約にのぞんで頂ければと思います。

ポイント
・売買契約に必要なものは「印鑑」「身分証明書」「印紙代」「部屋の写真」
・準備をしっかり行うことで、落ち着いて契約にのぞめる

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top