マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却トラブル!付帯設備の確認とは

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却トラブル!付帯設備の確認とは

マンションの売却活動を行い、買い主様が見つかってマンション売却の契約日が決まると確認しなくてはいけないものがあります。それが「付帯設備の確認」と呼ばれるものです。

住宅には数多くの設備が付いています。中には売り主様が全く使っていないような設備もあるかもしれませんが、マンション売却の際には「これは使えるけど、これは壊れていて使えません」ということを全てはっきりとさせて契約を行います。

この確認はとても重要です。なぜならマンションの売買トラブルの多くが「付帯設備の確認」をしっかり行っていなかった為に起こるからです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

食器洗い乾燥器が問題に!?

例えばのケースとしてキッチンの中に組み込まれている「食器洗い乾燥機」を全く使っていなかったマンションの売り主様がいたとします。売り主様は昔、新築でマンションを購入し、このマンションには「食器洗い乾燥機」がキッチンについていました。しかし売り主様はもともと食器は手で洗うことが習慣化していたので、全く食器洗い乾燥機を使いませんでした。そしてマンション売却の際、付帯設備の確認表で「食器洗い乾燥機は一回も使っていないけど、ついてるから記入しておこう」ということで「食器洗い乾燥機は使える」と付帯設備の確認表に記載しました。

ところがマンションの売却が終わり、しばらくしてから不動産会社から連絡がありました。

「買い主様が『食器洗い乾燥機が壊れていて使えない』とおっしゃってるのですが・・・」というクレームでした。

実は食器洗い乾燥機は壊れていたのですが、一度も使わなかったので売り主様にそのことに気付かなかったのです。

このような設備の状況と引き継ぎ事項をマンションの売買契約の際に書類で残します。設備として確認するのは以下のようなものになります

  • キッチン
  • トイレ
  • 給湯器
  • 浴室
  • 食器洗い洗浄機
  • 床下暖房
  • エアコン
  • インターフォン
  • 車庫

例えば使っていない部屋のエアコンや、床下暖房などは見落としがちなポイントです。原則として、壊れているものは外す必要があります。

もし売り主様が使っていなかったとしても買い主様が使う可能性は多いにあります。床下暖房などは修理に多額の費用がかかりますので状態を正確に買い主様に伝える必要があります。後々のトラブルを防ぐ為に、しっかりと設備の確認を行って契約にのぞみましょう。

ポイント
・付帯設備の確認を行わないとトラブルの原因になる
・エアコンや床下暖房などは見落としやすいので要注意

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top