マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 売れやすい価格の決め方とは

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 売れやすい価格の決め方とは

私が以前とある不動産会社で働いていたとき、とても楽しみにしていた仕事がありました。それは自分が担当した新築マンションや戸建などの値段を決めるという仕事です。もちろん「5000万!」「1億!」といったように勝手に決められるわけではなく、会社として利益を確保した上で「いくらに値段を設定しようか」と考えて設定するのですが、これが楽しい仕事でした。

何しろ、価格の設定の仕方でマンションや戸建ての売れ行きが全然違うのです。単純に安ければいいというわけではなく、エリアや住宅の間取り・広さによって売れやすい金額というものがありました。それらは「相場感」というようなものですが、その相場観以外に不動産の価格を決める上で「絶対のルール」というものがあります。

1.マンション売却価格の最後を「8」か「9」にする

スーパーに行って、野菜や食品などの値札を見ると「390円」とか「490円」とかの値札が多いものです。ほとんど「400円」とか「500円」の値札はありません。何故か最後の数字が「8」とか「9」が多いのです。これは心理学に基づいた数字の設定の仕方で、このように価格の最後に「8」とか「9」(もしくは「7」)が置かれると人間は安く感じるそうです。これを利用してマンションの値段を設定するとうまくいきます。

例えば

1,500万円→1,490万円
3,000万円→2,980万円
4,000万円→3,980万円

といったイメージです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2.マンション売却価格の「500万円の区切り」を意識する

SUUMOやHOME’S、その他不動産のポータルサイトなどでマンションを検索すると、必ず値段の設定をしてから検索をかけます。このとき値段の単位は「500万円区切り」になっているケースがほとんどです。もし仮にあなたが3,000万円でマンションを売りに出したいと考えているとします。そしてそのまま3,000万円でマンションを売りに出すと、あなたのマンションは「3,000〜3,499万円」というカテゴリーに分類されてしまいます。

2−1 価格を少し下げることで検索数を倍増させる

これは大変もったいないことです。なぜなら「3,000〜3,499万円」というカテゴリーよりも「2,500〜2,999万円」というカテゴリーの方がマンションを探している人はたくさんいるからです。そしてマンションを値段で検索する時は「上限の値段」と「下限」の値段を設定しますので「3,000〜3,499万円」という価格帯で探している人も「2,500〜2,999万円でもいいマンション無いかな?」と思って「2,500〜2,999万円」の価格帯を下限に設定します。

つまりわずか10万円値段を下げて売りに出すことで、あなたのマンションは「2,500〜2,999万円」という価格帯でマンションを探している人にも、「3,000〜3,499万円」という価格帯でマンションを探している人にも見てもらうことが出来るのです。

まとめ
・マンションは値段の最後を「8」か「9」にする
・500万円の区切りを意識して少し値段を下げる

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top