マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却の費用はどれくらいかかるの?

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却の費用はどれくらいかかるの?

マンション売却では大きな金額のお金が動きます。なんといっても、一番大きいのはマンションを売却した代わりに受け取る「売買金」ですが、実はマンションの売り主様が負担しなくてはいけない費用もいくつかあります。マンションの売り主様が出す必要がある費用は大きく下記の4つです。

  1. 仲介手数料
  2. 譲渡取得税
  3. 印紙税
  4. 司法書士費用

この記事では「印紙税」「司法書士費用」についてご説明したいと思います。「仲介手数料」「譲渡取得税」につきましては他の記事でご紹介しておりますので是非ご覧になってください。

 

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.マンション売却の印紙税について

印紙税とは、契約書などを作成する際に国におさめる必要がある税金のことです。マンションを売却する為には、契約書を作る必要があります。この契約書に「印紙」という切手のようなものを貼るのです。印紙にかかる費用は、マンションの売買金額によって異なります。

マンションの金額が1000万より高く、5000万円以下ならば1万円。
マンションの金額が5000万より高く、1億円以下ならば3万円が必要です。

この印紙は契約書1通につき1枚必要になります。契約書は通常2通作り、売り主様買い主様でそれぞれ持ち合いますので、印紙は2枚必要になり、それぞれ自分が持つ契約書の分の印紙代を負担します。ほとんどのケースで印紙は自分で購入する必要がなく、マンションの仲介を行った不動産会社が用意してくれます。売買契約当日に印紙代金分の現金を持っていき、現金と印紙を交換するのです。

2.マンション売却の司法書士費用について

マンションの売買では法律の専門家である司法書士が深く関わってきます。マンションの売却において特に関係があるのは抵当権の抹消登記です。

抵当権抹消登記とは、マンションについている抵当権(もし住宅ローンが支払えなければマンションを差し押さえますよ、という権利)を外す手続きになります。マンションを購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用します。その住宅ローンを貸してくれた銀行がマンションに対して「万が一住宅ローンが返済できなくなったら、マンションを差し押さえますよ」という権利を設定したものが「抵当権」なのです。

この抵当権は銀行にお金を返せば自動的に外れる訳ではなく、銀行に対して「ちゃんとお金を返しました」という証明と共に、登記所に申請をしなければいけません。この手続きを司法書士が行ってくれるので、その費用がかかるのです。大体の金額としては1〜2万円前後の費用がかかってきます。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top