マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション売却の費用はどれくらいかかるの?

マンション売却の費用はどれくらいかかるの?

マンション売却では大きな金額のお金が動きます。なんといっても、一番大きいのはマンションを売却した代わりに受け取る「売買金」ですが、実はマンションの売り主様が負担しなくてはいけない費用もいくつかあります。マンションの売り主様が出す必要がある費用は大きく下記の4つです。

  1. 仲介手数料
  2. 譲渡取得税
  3. 印紙税
  4. 司法書士費用

この記事では「印紙税」「司法書士費用」についてご説明したいと思います。「仲介手数料」「譲渡取得税」につきましては他の記事でご紹介しておりますので是非ご覧になってください。

>>マンション売却にかかる税金についての解説記事はこちら

>>仲介手数料半額でお得にマンション売却出来るサービスとは?

1.マンション売却の印紙税について

印紙税とは、契約書などを作成する際に国におさめる必要がある税金のことです。マンションを売却する為には、契約書を作る必要があります。この契約書に「印紙」という切手のようなものを貼るのです。印紙にかかる費用は、マンションの売買金額によって異なります。

マンションの金額が1000万より高く、5000万円以下ならば1万円。
マンションの金額が5000万より高く、1億円以下ならば3万円が必要です。

この印紙は契約書1通につき1枚必要になります。契約書は通常2通作り、売り主様買い主様でそれぞれ持ち合いますので、印紙は2枚必要になり、それぞれ自分が持つ契約書の分の印紙代を負担します。

ほとんどのケースで印紙は自分で購入する必要がなく、マンションの仲介を行った不動産会社が用意してくれます。売買契約当日に印紙代金分の現金を持っていき、現金と印紙を交換するのです。

2.マンション売却の司法書士費用について

マンションの売買では法律の専門家である司法書士が深く関わってきます。マンションの売却において特に関係があるのは抵当権の抹消登記です。

抵当権抹消登記とは、マンションについている抵当権(もし住宅ローンが支払えなければマンションを差し押さえますよ、という権利)を外す手続きになります。マンションを購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用します。その住宅ローンを貸してくれた銀行がマンションに対して「万が一住宅ローンが返済できなくなったら、マンションを差し押さえますよ」という権利を設定したものが「抵当権」なのです。

この抵当権は銀行にお金を返せば自動的に外れる訳ではなく、銀行に対して「ちゃんとお金を返しました」という証明と共に、登記所に申請をしなければいけません。この手続きを司法書士が行ってくれるので、その費用がかかるのです。大体の金額としては1〜2万円前後の費用がかかってきます。

マンションを売却し、引き渡しが終わるまでの流れを抑えつつも、並行してどんな種類の費用がどれくらいかかるかを認識しておきましょう。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top