マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション買い替えのベストなタイミングと方法とは

マンション買い替えのベストなタイミングと方法とは

マンションを売却される場合、多くの方がマンションの買い替えをされます。その時とても悩ましいのが「先に新しいマンションを買うか」「先にマンションの売却をするか」ということだと思います。

それでは一体ベストな方法とはどういった方法になるのでしょうか。

1.リスクを無くしたいのであれば先にマンションの売却をするべき

「マンションが売れないかもしれない」というリスクを無くすためには、まずはマンションの売却を先に行うべきです。言い方は悪いですが、販売が長引く可能性のあるマンションの場合この方法をお勧めします。たとえばマンションの1階部分であったり、日当りや駅距離などでなんらかのマイナスポイントがある場合は先に売却をすませておいた方が無難です。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2.売却マンションに

住宅ローン残債がなければ、先に購入をする

もしあなたが持っているマンションに住宅ローンが残っていなければ、先に新しい住宅を購入した方が良いでしょう。先にマンションを売却した場合、新しい住宅を探すことが出来る時間は限られています。売却したマンションを出て行くまでの期限が3ヶ月程度と決められているからです。こうなるとまだ完成していない新築物件を購入したり、いまは売り主様が居住中で住むことが出来るまでに時間がかかるような住宅を購入することも出来ません。

3.マンション買い替えの理想は賃貸を借りること

我々が一番お勧めしている方法は一度今住んでいるマンションを出てしまい、賃貸を借りることです。いわゆる「仮住まい」というものです。マンションを売却する際「新しい家が見つかるまで待って!」という条件は非常に嫌がられます。

中古マンションを購入する人は

  • すぐに住み始めたいと思っている人
  • すぐにリフォームを始めたいと思っている人

というケースが多いので、住み始めるまでに時間がかかってしまうのは嫌なのです。

それであれば、いっそのこと一度賃貸住宅を借りてしまい、ゆっくりと理想の住宅を探すというのがお勧めです。もちろん若干のコストはかかってきますが、今では敷金・礼金0のマンションも多いですし、仲介手数料無料の不動産会社で賃貸物件を探せばコストを大幅に下げることが出来ます。ずっと住み続けるわけではないので、そこまで条件にこだわりを持つ必要はなく、賃貸住宅探しに時間もかからないでしょう。

良い不動産取引の鉄則は「あせらないこと」です。特に新しい住宅の購入はすぐに何十万〜何百万という金額の差が出てしまいますので、一度賃貸に腰を下ろして物件を探すがお勧めなのです。

ところで、中古マンションを売却すると、仲介手数料がかかりますよね。仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを売却するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元している中古マンション売却サービスも出てきています。ぜひ中古マンションを売却する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top