マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションにローン残債があっても売却出来る?

マンションジャーナル最新記事

More
マンションにローン残債があっても売却出来る?

マンションを売却しようとした場合、ケースとしてありえるのが「マンションの売却金額では住宅ローンの残りが返せない」という状況です。

売却するマンションにローン残債があったら

ほとんどの場合、もしマンションを売った金額が住宅ローンの残高に足りなければ銀行は抵当権(住宅ローンが支払えない場合にマンションを銀行が差し押さえる権利)を外してはくれません。代わりになる財産を差し出さない限り、銀行は抵当権を外してくれないのです。もちろん、売却金額に加えて手持ちの現金で住宅ローンの残りと相殺することが出来れば抵当権を外すことが出来ます。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ローン残債を新しい家に設定する

一般的な対策方法としては、新しく買うマンションや戸建に対して抵当権を設定し直すという方法があります。マンションを売却する理由として一番多い理由は「住み替え」になりますので、また新しくマンションや戸建を購入される方が多いのです。そのマンションや戸建に対して、売却金額の不足分の住宅ローンを含めた抵当権を設定することになります。

言い換えれば、住み替えをするケースではマンションの売却金額をローンの残高が下回っていたとしても、比較的スムーズに売却は成功するのです。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top