マンションジャーナル

マンションジャーナル

管理費・修繕積立金が安すぎるマンションに要注意!

マンションジャーナル最新記事

More
管理費・修繕積立金が安すぎるマンションに要注意!

マンションを購入した場合、毎月「管理費」と「修繕積立金」を支払うことになります。

管理費と修繕積立金

「管理費」とはマンションの設備のチェックや、廊下・会議室などの共用部分の清掃、管理人の人件費などに当てられるもので、いわばマンションの生活を快適に保つための費用ということが出来ます。一方「修繕積立金」とは、マンションの修繕工事のために積み立てるお金になります。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

修繕積立金額の相場

国の決めた基準によると、15階よりも低いマンションの場合、修繕積立金額の目安は1平方メートルあたり毎月178円から218円とされています。もし仮にあなたが購入しようとしているマンションが70平方メートルだとすると、毎月必要な修繕積立金は1万2460円から1万5260円となります。もしあなたのマンションに機械式の駐車場がある場合は、さらに金額が加算されます。

「国土交通省のマンションの修繕積立金に関するガイドライン(2011年4月)」

修繕積立金が安いマンションは要注意

あなたが購入しようとしているマンションの修繕積立金がこの金額よりも低かった場合、注意が必要です。「安いのだからいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、この金額が低すぎると将来必要な修繕が出来なくなってしまう可能性があります。特に新築マンションの場合、見かけ上の「毎月かかる費用」を安く押さえるため、最初は修繕積立金を安く設定しておいて、後から金額を上げる方式を取ることも多いのです。

そうすると想定以上のランニングコストがかかってきますし、マンションの住民から修繕積立金の値上げに反対意見が出ると値上げを行うことが出来ず、修繕を行うことが出来なくなる場合もありえます。

修繕積立金はマンションの状態を保ち、資産価値を落とさないために重要なポイントになります。「このマンションを買いたい!」というマンションが見つかったら、是非チェックするようにしてみて下さい。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top