マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却の秘訣 売却理由を整理しよう

マンション売却の秘訣 売却理由を整理しよう

マンションの売却を考える際に、ほとんどの方が「なぜマンションを売るのか」という理由を整理せずに売却活動を始めます。しかしこれはとても損です「そんなこと考える必要あるの?」と思われるかもしれませんが、結構重要です。

マンションの買主は売却理由を気にする

中古マンションの場合、買い主様は「このマンションはどんな人が住んでいたんだろう」ということをとても気にされます。そして「なぜ、このマンションを売ろうと思ったのか?」ということに対しても、とても敏感になるのです。もちろん、マンションを売却する理由というのは人によって様々です。子供が出来てマンションが狭くなってしまったからかもしれませんし、転勤で他の場所に住まないといけなくなったからかもしれません。しかし、その売却の理由が「ネガティブ」なものだと、買い主様の「買おうかな」という気持ちにマイナスの影響が生まれてしまうのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションの売却理由はポジティブなものにする

例えばあなたがマンションを売却する理由が「マンションが手狭になってきたから」という理由だとすると、買い主様は「今度は自分が狭いマンションを買うのか・・・」という気持ちになってしまいます。またマンションを売却する理由が「もっと便利な場所に引っ越すから」という理由だと「このマンションは不便なのか」ということになってしまいます。人間の気持ちは繊細なもので、厳密に言えばその家が狭いかどうかは家族構成や家の使い方によって違うのですが、他の人がどう思っているかに強く影響されてしまうのです。

マンション売却理由の整理の仕方

たとえ本当はネガティブな理由だとしても、買い主様に気持ち良く買って頂くために「ポジティブな売却理由」を考える必要があります。例えば「マンションが手狭になってきたから」ではなく「子供のための部屋を確保したかったから」と言ったり、「マンションが不便だから」ではなく「ライフスタイルに合ったマンションを購入することにしたから」などという形でポジティブに捉え直すのです。

この心理は転職の面接と似ているかもしれません。転職をする場合、何かしら前職に対してネガティブな理由で辞めることがほとんどですが、面接の場所でそのネガティブな理由を言うと「ウチの会社に来ても同じことを思うんじゃないか」と思われてしまい、うまくいきません。そうではなく「新しい会社でこういうことをやってみたい!」というポジティブな理由を言う必要があります。

売却する理由によって、マンションの形や値段が変わるわけではありません。ですが、マンションの売却を成功させる上でとても大切な要素になるのです。

photo credit: photopin cc

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top