マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却の「危険負担」って一体なに?

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却の「危険負担」って一体なに?

マンション売却などの契約の際に、絶対に出てくるのが「危険負担」という文言です。これは以前ご紹介した「瑕疵担保責任」とは異なり、あくまでもマンションの「引き渡しのタイミング」までに何か天災などで住宅に損傷が出た場合、直せる場合は売り主負担でマンションを修復し、引き渡すというものです。

知らないではすまされない?マンション売買における「瑕疵担保責任」とは 

マンション売却で危険負担が適用されるパターン

具体的なケースとしては隣の家が火事になって一緒に売り主様のマンションも火事になってしまった場合や、放火された場合、地震などのケースが考えられます。もちろん、これは売り主様・買い主様どちらともどうしようも無い理由でマンションが傷ついた場合であり、例えば売り主様の不注意で家が火事になってしまった等という場合は対象外です。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

買主はマンションを原則キャンセルで出来ない

買い主様は基本的に売り主様が修復を行えば、マンションが傷ついたことを理由に売買契約をキャンセルすることが出来ないのですが、大規模な地震や大火事などで建物がほとんどなくなってしまい「これではマンションに住むことが出来ない!」という状況であれば売買の解除をすることが出来ます。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top