マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 売買契約に必要なものとは

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 売買契約に必要なものとは

マンションの売却をする際、買付(購入申込書)が入り、買い主様との交渉が終了するといよいよ売買契約です。

マンション売却・契約で用意するもの

不動産の売買契約というと色々と面倒くさいイメージがあります。必要な書類は全て不動産仲介会社が作成しますが、主なものは下記になります。

・契約書
マンションの詳細情報、売買金額、取引条件の内容などを盛り込んだ一番大事な書類になります。

・重要事項説明書
契約書よりも細かいマンションの詳細情報、取引条件を記載した書類になります。買い主様に対して不動産会社が説明する書類です。

・設備表/物件状況確認書
新築時の設計図や、増改築及び修繕の履歴、耐震診断の有無、住宅性能評価等の状況などの詳細情報をまとめたものになります。契約書ではありませんが、不動産会社が売り主様にヒアリングを行い、書類にまとめます。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンション売却の契約書は必ず内容を確認!

上記の中でも、特に気をつけて頂きたいのが「契約書」になります。不動産の契約書というと、なんだか難しいイメージがありますが、内容を見てみればそんなに難しい言葉は使われていません。しっかりと時間をかけて読んであげれば、誰でも理解出来る内容が書いてあります。契約書については、必ず売買契約日前までに不動産会社から受け取り、内容を確認するようにしてください。「契約書は一般的なものなので、事前に確認してもらわなくても大丈夫です」などという不動産会社は要注意です。

マンション売却 手付金のチェックポイントとは

不動産会社の中には、契約の際わざと質問などが出ないように誰も理解出来ないぐらいの早口で契約書の内容を説明する会社もあります。事前に契約書を受け取り、もし分からない内容や、不安な点があれば事前に不動産会社に確認するようにしましょう。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top