マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却にリフォームはした方がいい?

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却にリフォームはした方がいい?

マンションの売却相談を受ける際に、良く質問で頂くのが「マンションを売りに出す前に、リフォームをした方が良いでしょうか」という内容です。どんなに大事にマンションに住んでいる方でも、やはり年が経つにつれてマンションは汚れていきます。特に水回りや壁のシミなど、リフォームをした方が見栄えが良くなり高く売れるのではないか、ということです。

マンション売却にリフォームは必要ない

結論から申しますと、マンションの売却前のリフォームはお勧めしておりません。中古マンションを購入してリフォームをされる買い主様は「こういう住居にしたい!」という思いを強く持っている方が多いのです。マンションの売却前のリフォームとなると200〜300万円程度かかることが多いので、そこまでしてマンションをキレイにしても、それがそのまま買い主様の満足度に繋がり、売却金額に乗ってはこないのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

リフォーム後のイメージ図を作ろう

それよりも、リフォーム会社に依頼して「リフォームをしたらこんなイメージになります!」という図面やイメージを作成してもらい、100円均一などに売っているボードや厚紙に貼付けることでアピール資料を作成しましょう。そしてそのアピール資料をマンションの買い主様候補が内覧に訪れたときに飾っておけば、お金をかけることなくあなたのマンションの魅力を伝えることが出来ます。

中古マンションはリフォームにピッタリ

1983年より後に建てられたマンションであれば、新耐震基準に沿ったマンションであることがほとんどなので、安全面でも安心ですし、リフォームをするにもとても良い頃合いです。価格的にも新築物件に比べてかなり割安感が出てくるタイミングですので、マンションの購入後リフォームを考えている方々にとっては狙い目のマンションとなるわけです。

もしもマンション内部の汚れが気になるようであれば、プロの業者によるクリーニングを依頼すると良いでしょう。5〜10万程度のお金で水回りをピカピカにしてくれますので、費用対効果という意味でリフォームよりもずっと効果的です。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top