マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション高額売却のコツ!インターネット広告を活用しよう

マンション高額売却のコツ!インターネット広告を活用しよう

「マンションを少しでも高く売却したい」というのは、マンション売却を考えている方の共通の思いではないでしょうか。マンションは大切な資産ですし、売り方によって簡単に数十万〜数百万の違いが出てしまいますから、なるべく知恵を使って高く売却したいものです。

>>>マンションを売却するなら知らないと損するサービスとは?

マンション売却にはインターネット広告が有効

マンションを売却するためのコツは何点かありますが、その中でも大事なのは「インターネット広告」を活用することです。まずは多くの人にあなたのマンションの存在を知ってもらい、購入検討者をあぶり出すというのが鉄則です。昔の不動産会社ですと、マンションの広告をチラシにして店頭に張り出したり、ひたすらポストに入れてお客さんを探したりしていました。

マンション売却はいかに買主に「知ってもらうか」がポイント

世の中の情報量が少ない時代ですとこういった手法でもお客さんの目に留まり、じっくり見てもらえるケースもありましたが、今ではあまりにも世の中の情報量が増えていますので、オフライン(インターネット以外)でお客様にアプローチしてもそもそも目に留まってくれることが期待出来ません。今では多くの人がスマートフォンを持つようになり、1人の人間が1年間に消費する情報量は10年前と比べて65倍に増えているということです。

インターネット広告であなたのマンションの魅力を十分にアピールしよう!

新聞の折り込み広告や、TVCMであればまだ効果はあるのですが、中古マンションの広告の場合そこまで費用をかけて広告を打つことは出来ません。またチラシや紙での広告は広告のスペースに限界があるため、載せられる情報量が極めて少なくなってしまいます。一方インターネット広告であれば、紙の広告とは違い広告を載せられるスペースに限りはありませんし、あなたのマンションの魅力を十分に伝えることが出来ます。写真をたくさん使い、魅力が十分に伝わるようなWEB広告を不動産会社に作ってもらいましょう。

5

インターネット広告で広いエリアの顧客にアピールする

また中古のマンションを購入したいという方の特徴として「憧れのエリア」にリーズナブルな価格で住みたい、というものがあります。これは特に関東圏の港区・中央区・千代田区・渋谷区・新宿区・文京区・世田谷区・目黒区・大田区・品川区・杉並区などのエリアに強い傾向があります。こういったエリアのマンションの購入を考えている人は全国に点在しており、全国から流入するためインターネット広告でアプローチするのが有効なのです。

もちろん不動産会社の中にはインターネット広告に強くなく、自分の会社のWEBページなどで十分に集客が出来ない会社も数多くあります。特に高年齢者が多い不動産会社では、こういったインターネット広告は得意ではないところが多いでしょう。

 超高齢化!不動産業者の恐るべき実態とは

大事な資産であるマンションを売却する際は、インターネット広告に強く、魅力的な広告を作ってくれる不動産会社に頼むのが良いでしょう。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top