マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 売り出し金額の決め方とは

マンション売却 売り出し金額の決め方とは

マンションを売却しようと思ったとき一番気になるのは「いくらで売りに出せば良いのだろう」という事だと思います。

マンション売却価格 通常の決め方

通常は、マンションの売却を相談した不動産会社に査定金額を出してもらい、その査定金額で売りに出すというケースが多いのではないでしょうか。お勧めの方法としては「査定金額を参考にしながらも、自分の希望金額で売りに出す」という方法です。以前ご紹介したように、不動産会社の査定金額というのは、絶対的なものではありません。フリーマーケットと同じように、マンションの売り主様が決めた金額で売りに出しても何の問題もないのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションの売り出し金額を自分で決めてみよう

特に中古マンションの場合、相場よりも少し高くても売れるケースがあります。というのも、中古のマンションを購入しようという人は「エリア」や「広さ」を重視し、「この駅周辺で徒歩10分以内、60平米以上のマンションが売りに出たら検討しよう」などとピンポイントで探している人が多いからです。これが新築マンションになると、エリアはそこまで重視されず、他の多くの新築マンションと比較されますので価格はシビアに見られます。

中古マンションはモノがあるのが最大の武器

また新築マンションと違い、中古マンションは実際にもうマンションという実物がありますのでこれは大きな武器になります。買主様は内覧をすることで実際の生活をイメージしやすく、購買への欲求を刺激しやすいのです。

また既に建物があるので、契約から1〜2ヶ月で引っ越しが出来るというのも買主様からすると大きなメリットです。「結婚したから」「子供が出来たから」という理由でマンションを購入しようとする買い主様は多いのですが、そんなときに新築マンションを購入するとまだ建物が完成していないことも多く、住む事ができるまで半年から1年ほど時間が経ってしまうこともザラなのです。

反応を見ながらマンションの価格を変えよう

実際に希望金額で売りに出してみて、もし買い主様からの反応が悪ければ、売り出し価格を下げることも可能です。金額の変更には特に法律上必要な手続きはなく、単純に売却をお願いしている不動産会社に頼めばいいだけですから簡単に行うことができます。

マンション売却 必勝の価格戦略とは

マンションはあなたの大切な資産です。単純に不動産会社に言われた金額で売りに出すのではなく、「この金額で売りに出したい!」という金額で売りに出すのが良いでしょう。

ポイント
・マンションの売り出し価格は自分で決める
・中古マンションはエリアをピンポイントで探している人に売れやすい

photo credit: photopin cc

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top