マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売却 価格査定の方法とは

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売却 価格査定の方法とは

マンションを売却する第一歩目となる「査定金額」ですが、一体どうやって不動産会社はその金額を算出しているのでしょうか。

売却マンション 3つの査定方法

不動産の査定金額を算出するためには大きく分けて3つの方法があります。

  • 取引事例比較法:近隣の取引事例を元に価格を算出する
  • 原価法    :物件を建築するコストや耐用年数などを元に価格を算出する
  • 収益還元法  :物件から発生する収益と利回りを元に価格を算出する

マンションや戸建などの不動産の売却金額を査定する場合、メインとなるのは「取引事例比較法」になります。周辺のエリアで実際にあった取引事例から「この金額であれば売却出来そうだ」という金額を予想するのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンション売却価格に影響するポイント

売却の金額に影響する要素としては下記のようなポイントが重要になります。

  • 広さ
  • 間取り
  • 築年数
  • 室内の状況
  • 眺望
  • 方角
  • 駅からの距離
  • 共有施設
  • 近隣施設
  • 学区
  • マンションの施工会社

広さ・間取り・築年数などは基本的な要素なので、簡単に比較をすることが出来ます。より広く、より出来てから時間が経ってない方がお値段が高くなるのです。

眺望はマンションにおいて重要な要素です。同じようなエリアにあっても、階数や、景色が違うとお値段が大きく異なるケースもあります。

また学区も大きなアピールポイントになります。ファミリー向けの物件の場合、進学実績や学校の評判が良い学区にあるマンションは人気が高いことが多いのです。

不動産会社はこれらの項目をポイント化し、査定金額を算出します。もちろん売り主様の希望金額や、「いつまでに売却をしないといけない」という時期も売り主様によって違いますから、チラシなどに載せる実際の売り出し金額は査定金額を元に売り主様と相談して決めていくのです。

マンション売却の罠!高すぎる査定金額に要注意!

ポイント
・マンションの査定金額は周辺の取引事例を参考にする
・マンションの諸条件、売り主様の状況によっても査定価格は変わる

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top