マンションジャーナル

マンションジャーナル

媒介契約とは?どんな種類があるの?

マンションジャーナル最新記事

More
媒介契約とは?どんな種類があるの?

マンションを売却しようとすると、まずは売却活動をお願いする不動産会社を選ぶことになります。その際に必要となるのが媒介契約。それぞれの種類ごとの特徴や違い、媒介手数料に違いがあるかどうかなどを解説します。

媒介契約はなぜ結ぶのか

マンションなどの不動産はとても額の大きな資産のため、不動産会社は「私はしっかりと売り主さんと契約を結んで売却の活動を行っています」という証拠が必要になります。そしてこの「売却を御願いします」という契約のことを「媒介契約(ばいかいけいやく)」と言います。

そして、いざ不動産会社と「売却をお願いします」という媒介契約を結ぶタイミングで、知らずに損をしてしまう売り主さんが多いのです。

媒介契約の種類

大体のケースで、不動産会社の営業マンは「この契約書にハンコをお願いします」という感じで、シレっと媒介契約書にハンコを押させようとさせます。しかし、その契約内容が問題なのです。

実は一言で媒介契約書といっても、内容によって3種類もあるのです。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

なにやら漢字で書くと分かりづらい上に、違いが良く分かりませんが、それぞれの契約の内容を図に表すと以下のようになります。

baikaihyo

そして、不動産会社の営業マンがシレっとハンコを押させようとするのは「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」なのです。なぜなら「専属専任」か「専任」の契約を結んでしまえば、その契約を解約しない限り、必ず自分の会社が契約の手数料を獲得することが出来るからです。

専属専任媒介契約や専任媒介契約はメリットが多い?

よく不動産会社のサイトなどでは専属専任・専任のメリットを挙げています。

それは
「1社に売却を任せることで、スケジュール調整などがスムーズになります」
「1つの会社に任せた方が、不動産会社のモチベーションがあがり、頑張って営業してくれます」
というようなものですが、果たして本当にそうでしょうか。

スケジュール調整などは、単純に空いている時間や、他の内覧が入りそうな時間帯を外せばいいだけですし、1社に売却を任せてしまったらその会社が逆に安心しきってしっかりと活動しない危険性もあります。

一般媒介契約がお勧め

私がお勧めしているのは「一般(媒介契約)」です。物を売るにしても買うにしても、複数の会社に相談することは、至って普通のことだと言えるでしょう。その中で、頑張って良いお客さんを見つけて来てくれた不動産会社と、最終的な売買契約を結ばれるのが良いと思います。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top