マンションジャーナル

マンションジャーナル

超高齢化!不動産業者の恐るべき実態とは

マンションジャーナル最新記事

More
超高齢化!不動産業者の恐るべき実態とは

日本では高齢化の波が押し寄せているといいますが、不動産業界ほど高齢化が激しい業界はないのではないかと思います。

不動産業界は高齢化が進んでいる

「平成25年度末 宅建業者と取引主任者の統計について」によると、不動産業界の大きな割合を占める「個人業者」の平均年齢は64.2歳、なんと60歳以上が全体の71.5%を占めるのです。

large_8692993226

不動産業界には高齢化の波が押し寄せている

今はスマートフォンが普及し、LINE(ライン)やFACEBOOK(フェイスブック)のような新しいコミニケーション方法がどんどん生まれていますし、ビジネスでの連絡はメールがメインだと思います。しかし不動産会社の主な連絡手段はいまだに電話とファックスです。信じられないかもしれませんが、本当の話です。

新しいマンションなどの物件情報が出ると、不動産会社同士で情報の交換をするのですが、いまだにその連絡は大部分が電話とファックスで行われています。
「新しいマンションが出たから、図面を取りに来てよ!」
「マンションの売却依頼を受けたから、図面をファックスするね」
などは、よく不動産会社同士で行われるやり取りです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

large_8556829411

不動産業界はテクノロジーから取り残されている!?

これでは大変非効率ですし、人件費や通信費用などもバカになりません。「なぜ、もっと効率的な方法やツールを使わないのか」と不思議に思われるかもしれませんが、背景には「高齢化」があると思われます。人間は年を取れば取るほど新しいやり方やツールに拒否感を示しますし、新しい情報への感度も落ちていくからです。新しいツールやイノベーションを活用することで仕事の効率は格段に良くなりますし、結果としてお客様にご提供出来る価値も上がります。例えば無駄な人件費を抑えることでより広告に費用を使うことが出来たり、効果的な新しい広告手法を使うことでより多くのお客様に良いマンションの情報をお伝えすることが出来ます。

8785445626_587fdac14d_b

イノベーションを活用すれば、もっとマンションを高く売る事が出来るかもしれません

マンションの売却や購入は、人生にとって大切なイベントです。不動産会社を選ばれる際は「どんな努力をしている会社なのが」「他の会社とどこで差別化をしているのか」といったことをしっかりとご確認されることが重要なポイントになります。

ポイント
・不動産業界は高齢化している
・テクノロジーを活用することで、マンションの売却が成功する可能性が高まる

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top