マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション売却の決め手!マンションを高く売るためのマイソクとは

マンション売却の決め手!マンションを高く売るためのマイソクとは

「マンションを高く売りたい!」というのは、マンションの売却を考えているお客様の共通の願いでもあります。マンションを上手に売却するコツはいくつかありますが、今回はその中でも見落とされがちな「マイソク」という存在についてご紹介します。

>>>マンションを売却するなら知らないと損するサービスとは?

マンションの売り方は中古と新築で異なる

新築のマンションが売り出される場合、テレビCMや新聞の折り込み広告など、とても見た目が良くキレイな広告が作成されます。どれだけこの広告の完成度が高いかで、お客様からのお問い合わせの数も変わりますから、不動産会社も広告作りに精を出すわけです。

これが中古のマンションを売る場合ですと、少し様子が異なります。一つのマンションを売るためにテレビCMや、新聞の折り込み広告をバンバン入れるわけにもいきません。

マイソクとは何か

不動産会社がお客様からマンション売却の依頼を受けると、まずは自分の会社のお客様への紹介や、他の不動産会社にマンションの紹介をしてもらうための「一枚の広告」を作成します。この一枚の広告のことを「マイソク」と呼ぶのです。 この広告が「マイソク」と呼ばれるのは、もともとこの広告を作りはじめた会社に由来があるそうです。このマイソクはマンションを高く売却する上で非常に重要な広告になります。

wpid-Featured_Picture39-620x410

マイソクの完成度が高ければ、マンションを購入したいお客様も「おっ、これはいいマンションだな!」と興味を持ってくださいますし、他の不動産会社も「なかなかいい物件だな、頑張ってお客様に紹介しよう!」と思ってくれるのです。

言うなれば、マイソクは就職活動のための履歴書のようなものです。しかし残念ながら、ほとんどの不動産会社で作られるマイソクは、お客様の購買意欲をかきたてるどころか「全くどんなマンションなのかイメージがわかない」「全然魅力を感じない」と言わざるを得ないほど低レベルなものなのです。

マイソクの具体例

実際に、実例を見てみましょう。

maisoku1

マイソクのサンプル図

いかがでしょうか、こういった広告を見て「今すぐマンションを見てみたい!」と思う人は少ないのではないでしょうか。お客様の「このマンションを見てみたい!」という欲求をかきためるためには、見栄えの良い写真をセンス良く広告に入れたり、どのような言葉でマンションの価値を訴求するかによって天と地ほどのも反応に差が出るのです。

ただ残念ながら、現在の不動産会社ではそういった広告やマーケティングに精通している人はあまりいません。マイソクを作成する際も、専用のソフトやツールではなく、ハサミのりで作成している人が大半です。

apple-423588_1280

マイソクの作成に、専用のソフトやツールを使う会社は少ない

マンションは大切な資産です。大切な資産を少しでも高く売却するために、是非マーケティングに精通し、完成度の高いマイソクを作ってくれる不動産会社をお選び頂ければと思います。

ポイント

  1. 魅力的な「マイソク」を作ることでマンション売却が成功する
  2. 専門のツールでマイソクをキレイに作る不動産会社を選ぶことが重要

photo credit: photopin cc

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top