マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

不動産業者だけが知っている「レインズ」とは?

不動産業者だけが知っている「レインズ」とは?

中古マンションを購入しよう!と思いったったとき、お客様が取る行動は大きく3つに分かれます。

  1. SUUMOやHOMESなどの不動産ポータルサイトでマンションの情報を調べる
  2. 不動産会社に直接行き、マンションを紹介してもらう
  3. オープンルームをしているマンションに直接見学に行く

特に、

  1. 不動産ポータルサイトを見る
  2. 不動産会社に行く

という方が多いのではないかと思います。

すると「あれっ」と思うことが良くあります。

不動産ポータルサイトに同じマンションがいくつも載っていたり、色々な不動産会社にいっても同じマンションを紹介されたりするのです。

しかも、マンションの情報が載った図面まで一緒なことも多いのです。

なぜこんな不思議なことが起きるのでしょうか?

この現象は「レインズ」と呼ばれる、不動産会社が使っているシステムによるものなのです。

「レインズ」には、世の中で売りに出ているマンションのほとんどの情報が載っています。

何故かというと、不動産会社は「このマンションを売りに出そう」という時に、基本的にこの「レインズにマンションの情報を登録しなけばいけない」という法律があるからなのです。

そしてこの「レインズ」は不動産会社であればどの会社でも使えるため、世の中のほとんどの不動産会社は同じ情報を共有しているのです。

fudosaninfo >>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

不動産会社が持っている情報はみんな同じ

よく街中の電柱に「非公開マンション」や「極秘マンション」などの怪しいチラシが貼ってあることがありますが、基本的には「非公開」ということはありえないのです。

本当に良い物件であれば、不動産会社に登録済みのお客様に紹介すれば、すぐに購入して頂けるため非公開にする意味もありません。

そもそも電柱にマンションのチラシを貼ることは法律で禁止されています。

そういったチラシを貼るのは会社として実態のない「幽霊会社」や「悪徳会社」なので、気になっても絶対電話をしないようにしてください。dentyukoukoku

幽霊会社の広告には注意しましょう

不動産会社が持っている不動産の情報が同じ以上、大手の不動産会社であれ、地域の小さな不動産会社であれ、情報でどこどこの会社が良い、ということはありえません。

営業マンの質や、その会社が独自で提供しているサービスなどが、マンションを仲介する不動産会社を選ぶ上で重要な点になるのです。

新築マンションはレインズに登録されない

厳密に言うと、レインズに登録されない物件というものも存在します。

三井不動産や、野村不動産などのマンションディベロッパーが新築で売り出すマンションなどはレインズに登録されません。

新築のマンションに狙いを絞っている場合は、SUUMOなどの情報誌や、新聞の折り込みチラシ、マンションディベロッパーのホームページなどをチェックするようにしましょう。

photo credit: photopincc

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top