マンションジャーナル

マンションジャーナル

世界の非常識!?日本人が大好きな○○な家

マンションジャーナル最新記事

More
世界の非常識!?日本人が大好きな○○な家

「家を買おうかな」と思ったとき、色々な選択肢がありますが、悩ましいのは「新築の家」を買うか「中古の家」を買うかということではないでしょうか。実は日本人は大の「新築物件好き」ということが出来ます。アメリカや、ヨーロッパなどでは中古の住宅を買う人が多数派ですが、日本は全くの逆。なんと新築の住宅を買う人が全体の80%を占めるのです。

newandused日本とアメリカ・イギリスの新築・中古の割合

これは戦後、多くの住宅が無くなってしまい、国が一丸となって「新築の住宅を買ってもらおう」という政策を取ったことに原因があります。

実際に住宅を買おうと両親に相談すると「やっぱり新築がいいと思うわ」とアドバイスを受ける方がとても多く、なんとなく新築の方がいいというイメージを抱きやすいのです。

もちろん新築にも良い物件もありますが、建築資材の高騰によって販売価格が上がってしまったり、なかなか希望のエリアで物件が出ない事が難点です。

一方最近では駅距離が近かったり、希望のエリアにあるコストパフォーマンスの高い中古物件を購入し、自分たちの好みに合わせてリフォームをするという30代前後の顧客が増えてきている傾向にあります。

これからの不動産マーケットは、中古物件がメインになっていくのかもしれません。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top